KCB ニュース「vol.35」

☆KCB News ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Enriching Lives with Creative Content
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ vol.35(2020/08/06)☆
KOCCA Content Biz News
韓国コンテンツの最新ビジネス情報をお届けいたします!!
音楽、アニメ、 放送コンテンツ、マンガ、キャラクター
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ by KOCCA JAPAN BUSINESS CENTER

SM-JYP, オンライン公演専門会社設立へ
 国内代表大手企画社であるSMエンターテインメントとJYPエンターテインメントが、新型コロナウイルスをきっかけに再編されるエンターテインメント市場をより早く先占するために、共同でオンラインコンサート専門会社「Beyond LIVE Corporation BLC」を作ることにしたと発表した。「Beyond LIVE Corporation BLC」は、オンライン専用コンサートブランド「ビヨンドライブ(Beyond LIVE)」を企画、運営する会社である。

「ビヨンドライブ(Beyond LIVE)」は、4月、SMエンターテインメントが、NAVERと業務協約を結び、グローバルファンを対象にオンラインで披露したコンサートシリーズである。当時、コロナウイルスで外部活動ができなかったKポップファンから、大きい反応をもらったことがある。

SMエンターテインメントとJYPエンターテインメントは、今回の決定に対して、「SMのコンテンツプロデュース能力とNAVERの技術が合わせられた相乗効果に、JYPのグローバルネットワーク及びクリエイティブまで加わる予定」であると予告した。彼らのグローバル共同事業開発などを強化し、「ビヨンドライブ(Beyond LIVE)」を世界的オンラインコンサートブランドとして成長させる構想である。

今回の協業は国内はもちろん海外にまでも大きな関心の対象になると見なされている。コロナウイルスで大型オフライン公演の開始が難しくなり、世界公演市場の全般が変化を模索しているためだ。

一方、8月9日にNAVERのVLIVEを通じて中継されるJYPのガールズグループTWICEの「ビヨンドライブ-TWICE:WORLD IN A DAY」コンサートで本格的な協業に取り組む。JYP代表プロデューサーである、パク・ジンヨンが直接公演の企画に参加する。

 

 

ソウル経済 2020.08.04

韓国テキスト:https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=011&aid=0003778267

コンテンツ振興院、大衆音楽創作者に対する支援プログラム「MUSE ON 2020」開始
 文化体育観光部と韓国コンテンツ振興院は、「MUSE ON 2020」今年のミュージシャン20チームを選定、8月から「MUSE ON DAY」などをはじめに支援プログラムを本格開始することを明らかにした。「MUSE ON」は、国内有望ミュージシャンを発掘し、多角度のオン・オフライン支援プログラムを通じて成長を助力する、コンテンツ振興院の代表ミュージシャン育成事業である。

今年「MUSE ON」に選定されたミュージシャンは、8月から本格的に定期公演「MUSE ON DAY」を開催し、ショーケース参加、MUSE ONフェスティバル開催、ライブクリップの製作、ラジオ及びウェブバラエティー出演等、多様なオン・オフライン支援を提供される。その上、新人ミュージシャンたちには、アルバム・音源発売及び流通支援が、既成ミュージシャンたちには広報強化が追加で支援される。

「MUSE ON」の開始を知らせる定期公演「MUSE ON DAY」は、8月15日から毎週土曜日、光化門CKLステージで開催される予定だ。今回の公演はコロナウイルスの拡散を防止するために、総観覧人数を60人に制限し、三密を避けた形式で行われ、入場の際から公演場の内部まで徹底的な防疫・消毒作業を行う。

キム・ヨンジュン韓国コンテンツ振興院長は、「コンテンツ産業の根幹となる創作者に対する支援は、何よりも大切だ」と、「コロナウイルスの難しい状況にも、MUSE ONを通じて大衆音楽創作者たちが気楽に成長できるように惜しみなく支援する予定だ」とのべた。

 

 

E DAILY  2020.08.05

韓国テキスト:https://www.edaily.co.kr/news/read?newsId=01676086625864368&mediaCodeNo=257&OutLnkChk=Y

大手通信企業KT-LGユープラスのVRコンテンツ相互交換、VR市場は活性化となれるのか
 ク・ヒョンモKT代表とハ・ヒョンフェLGユープラス副会長が、早ければ今月、各社の人気VRコンテンツをお互い共有し、サービスを提供すると発表した。5G顧客を誘致するために熾烈な争いをする通信社らがコンテンツ共有という異例的な実験に取り組んだのだ。今回の戦略的な協力をきっかけに、VR市場が活性化となるのかが注目される。

昨年までにも、通信社間の5Gコンテンツ同盟は想像しにくかった。国内通信3社は、世界最初5G常用化をはじめ、熾烈な加入者誘致戦をすすめながら、5G時代「キラーコンテンツ」として差別化されたVRを全面化した。これによって通信社らは、各社5G加入者に限ってVRコンテンツを独占で提供してきたが、VR市場の成長ぶりが予想より遅い中、コロナウイルスの余波でVRコンテンツがもっと注目されるようになった。

VRは、LGユープラスとKTが特に力を注いでいる事業でもある。LGユープラスは、通信社としては異例的に大概のVRコンテンツを直接開発している。LGユープラスが保有している映画・公演・スポーツ・ゲームなどの高品質3D・VRコンテンツは20,000個を越える。国内通信社のなかでは、最初に中国や日本などの外国にVRコンテンツとソリューションを輸出する快挙も得た。KTは、自社インターネットTVである、「olleh TV」をスーパーVRに取り組んだことに続いて、国内外スタートアップ約100社と協業しながら、VRコンテンツ1万編を確保している。KTは、VRヘッドセットを通じてコンテンツを提供してきたが、事業を成長させるために昨年4月VRアプリケーションを開発した。

KTとLGユープラスは、新規サービスの開始のために協業を強化してきた。両会社は、音源サービスプラットフォームである「ジニーミュージック」を誕生させた。LGユープラスは、2017年3月KTの音楽サービス子会社、KTミュージックに投資し、3大株主として参加している。今回のVRコンテンツの交換は、各社5G主力事業である点において、意味するところが大きいと評価されている。通信業界関係者によると、「5G VR市場は世界的に胎動期であって、今から準備することによって韓国がグローバル競争力を備えることが可能だろう」と、「両社間の事業モデルが構築されたら、VR協業関係がもっと堅固になるはずだ」と説明した。

 

 

毎日経済 2020.08.02

韓国テキスト:https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=009&aid=0004627307

イタリアでBTS専門雑誌「BTS」が創刊、韓流拡散の肯定的な要因としての可能性も
 マガジン発行社であるイタリアの「Sprea S.p.A.」社は、昨月「BTS」という名前のマガジンをランチングし、約80頁の分量にわたる全面カラーぺージを、BTSの各種写真やインタビュー記事などで埋め尽くしている。

海外で韓国の特定歌手、もしくは、グループに特化した専門マガジンが作られたのは異例的なことである。ヨーロッパ主要国の中では初の事例である。

「Sprea S.p.A.」社は、イタリア内でBTSに対するファン層が厚くなるのにつれて、専門雑誌の創刊を決定したと発表した。BTSのマガジンの報告を担当するマヌエラ・マチョキは、「BTSはイタリアでも大きい成功を収めた」と、「イタリアのアミ(ARMY・BTSのファン)の規模は数万人にわたると推算している」とのべた。イタリアのアミは、最近BTSの公演を推進してほしいという請願書の署名運動を行うぐらい熱情的である。

イタリアで巻き起こるBTSブームが、現地人の韓国文化に対する全般的な関心増大と韓流拡散にも肯定的な要因として作用する可能性があると、韓国文化報告当局は注目している。

駐イタリア韓国文化院関係者は「文化的自負心が相当なイタリアで、韓国のボーイグループ専門マガジンができたことはとっても意外なことである」と、「Sprea社から関連協力可能性を打診してきて、韓流もしくは韓国文化報告まで頭においた協力分野をこれから検討する方針である」と述べた。

 

 

聯合ニュース 2020.07.28

韓国テキスト:https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=001&aid=0011773492

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA