KCB ニュース「vol.12」

☆KCB News ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Enriching Lives with Creative Content
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ vol.12(2019/07/04)☆
KOCCA Content Biz News
韓国コンテンツの最新ビジネス情報をお届けいたします!!
音楽、アニメ、 放送コンテンツ、マンガ、キャラクター
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ by KOCCA JAPAN BUSINESS CENTER

創立10周年の韓国コンテンツ振興院、
NEWコンテンツの活性化に公共の役割を強調
ETNnews
2019.06.30
   韓国コンテンツ振興院は、まだ市場が形成されていない仮想現実(VR)・拡張現実(AR)などのニューコンテンツは、政府が投資・融資形式の政策資金を増やし、中小企業の成長を誘導するべきだと意見を表明した。また、コンテンツ産業での政府の役割をより体系化する必要があると強調した。
コンテンツ産業のパラダイムが変わっていくにつれ、製作・流通の過程もすべて変わっているため、政府の役割もこれに合わせなければならないと強調し、VR・ARなどニューコンテンツ産業の活性化のためには、医療・教育・防衛・文化・観光・福祉などの公共部門が積極的に介入する必要があると述べた。
韓国コンテンツ振興院は創立10周年を迎えて「コンテンツ・ネット・コリア」という新しいビジョンを提示し、詳細方向として、△専門的で創造的企業の育成と人材育成、△新しいコンテンツ領域を開拓し、新たな市場の創出、△世界的に注目される新しい韓流コンテンツのサポートを挙げた。韓国テキスト http://www.etnews.com/20190628000062
「聞く」小説、
AI スピーカーが作った新しい出版トレンド が浮上
SBS
2019.06.24
   言葉だけで、聞きたい歌や様々な情報まで探してくれる「AIスピーカー」を利用する人が増えている。 AIスピーカーが拡散し続け、もはや動画ではなく、「オーディオ・コンテンツ」が人気を集め始めている。チョ・ジョンレ監督の新作「千年の質問(仮)」は正式に出版する前に、オーディオブックを発表した。スマートフォンに続き、AIスピーカーの普及が拡大されたことにつれ、新しい出版のトレンドが登場したのである。
海外で「オーディオ・コンテンツ」はすでに急成長している産業となっている。韓国内でも、オーディオ・コンテンツは、単に読んでくれる以上の技術へ進化している真っ最中である。オーディオだけで独自のコンテンツを披露する「オーディオ・クリエイター」は、ユーチューバーに続くもう一つの新しい職種となった。昨年300万台だったAIスピーカーの普及は、今年は800万台に達する見込みであるが、視覚的な刺激を避け、快適に楽しむことができるオーディオ・コンテンツ市場の規模も成長していく見込みである。韓国テキスト: https://news.sbs.co.kr/news/endPage.do?news_id=N1005322106&plink=ORI&cooper=NAVER
ドラマ &WEBTOON、
「ストーリーゲーム」として新たに生み出す
ニュスピム
2019.07.01
   ウェブマンガやウェブドラマがゲームとして再誕生する「ストーリーゲーム」が注目されている。「ストーリーゲーム」はゲーム会社はすでに良い評価を受けたIPアドレスを利用することにより、リスクを減らし、また読者や視聴者は、自分で直接ストーリーを作っていく楽しさを感じることができる。
ストーリーゲームは、ゲームのシナリオに大きく興味を持つ米国、日本のゲーム市場で人気があるジャンルで、韓国のゲームが海外進出するに活力がつくものと思われる。
韓国コンテンツ振興院によると、韓国内のウェブ小説の市場規模は、2013年の100億ウォンから、2018年4,000億ウォン近く成長し、また漫画市場は1兆ウォン規模に成長を達した。 今後、当分野とゲーム業界とのシナジーが期待される。
「ストーリーゲーム」について、ゲーム業界関係者は、「作家が出す結末に基づいて、映画やドラマを鑑賞していた視聴者たちがゲームから直接シナリオを作成する楽しみがストーリーゲームの特徴」と、周期が短いモバイルゲームの特性上、没入度が高いストーリーのゲームは、コンテンツの更新を介して利用者と長い時間一緒にすることができ、今後、様々なコンテンツやゲーム社コラボレーションが期待されると伝えた。韓国テキスト: http://www.newspim.com/news/view/20190701000848